快適な環境作りをサポートする富士防疫株式会社
お客様情報の取扱いについて
Home
           
丹念に作り上げた便長竹炭の強力パワー
床下の湿気対策・有害物資対策には備長竹炭の設置がお奨めです
備長竹炭って何?
●備長竹炭とは、”備長窒焼”という特別な」製法で焼き上
  げた竹炭です。備長竹炭は、炭発祥の地であり伝統的
  な製炭技術を有する中国にて、備長窒焼で焼き上げた
  高品質竹炭です。

備長竹炭の製造過程
@材料は竹炭にするのに最も適した、標高500m以上の高
  地で生育した5〜7年物の孟宗竹を使用しています。
A土窒の中で最も高温になる”備長窒”で800℃〜1200
  ℃の高温で焼き上げます。炭は高温で焼くほど炭素率が
 上がり、耐久性に優れた高品質の炭になります。
B燃焼が終われば、窒の蓋を締め切り、数日間かけて冷
 ましていきます。冷却後、床下調湿剤に適当な大きさに
 砕けば、 いよいよ約1ヶ月かけてじっくりと作り上げた、
 備長竹炭の完成です。

備長竹炭と意一般的な竹炭の違い
●備長竹炭は1坪(3.3u)当たり9袋を目安に設置します。
●床下の湿気が特に多い場合など、状況に応じて追加できます。
●強力な調湿作用が、床下の湿気をコントロール!
 ◆備長竹炭には表面に無数の孔があり、その表面積は炭1g当たり700平方メートル(200坪
  以上)に達するといわれています。この無数の孔が余分な水分を吸着し、乾燥時には穏や
  かに放出し、床下の湿度を一年中快適に保ちます。
 ◆湿度を低くコントロールすることにより、カビやダニなどの発生を抑え、ハウスダストによる
  アレルギーなどの健康被害の軽減が期待できます。
●床下の有害物を確実にキャッチ!
 ◆シックハウス症候群の原因といわれているホルムアルデヒドなどのVOC(揮発  性有機
  化合物)や、アンモニアなどの嫌な臭いの原因物資を吸着し、快適な健康住  宅造りの手
  伝いをします。
●長期間効果が持続! 
 ◆高温で焼き上げた備長竹炭は、炭素率が高く、劣化しにくいため、長期的 に効果が持続しま
   す。