快適な環境作りをサポートする富士防疫株式会社
お客様情報の取扱いについて
Home
           
庭園の樹木や芝生の緑は、快適な住環境のシンボルです。これらの植物も油断すれば害虫や病気におそわれます。
チャドクガやイラガ等は植物加害だけでなく、人の健康も侵します。樹木害虫対策は初期の見極めが大切です。樹勢回復、芝生除草、害虫防除など、お庭の健康診断には私共にご用命下さい。
花や野菜にみられる病気
うどんこ病
▲バラ ▲キュウリ
▲モミジ ▲サルスベリ
 若い葉や茎の表面に白い粉状のカビが一面に生え、うどん粉をふりかけたように見える病気です。
いろいろな植物に発生しますが野菜ではキュウリ等のうり類に発生します。庭木ではサルスベリやバラに発生しやすく花が終わる秋頃まで全体が白く、枝も萎縮している姿をよく見かけます。
 うどんこ病は、生きている植物にしか寄生できず、同じような白くなるがカビでも灰色かび病のように植物の枯れた部分に発生するものと異なります。うどんこ病は雨の少ない時に多発しますが、かびの胞子が発芽するには多湿が必要なので、日陰などで枝が密集するとすぐに病気にかかります。防除しにくい病気なので、発生を見たらすぐ防除しましょう。
紫かび病(うどんこ病)
▲葉の表 ▲葉の裏
カシ類の葉につくうどんこ病を紫かび病と言っています。カシの葉裏に、初め白粉状のカビが生え、そのあと灰色から次第に黒褐色のビロード状になって来ます。病気の部分を葉の表から見ると、淡黄色を呈しています。密植したり、通風、日当たりの悪いところに発生が多く、外観が悪くなります。
マツの葉ふるい病
▲アカマツ ▲クロマツ
夏頃から淡緑褐色の病斑が葉に現れます。枯死した病気の葉には長楕円型の大型で中央部に縦の裂け目を持つ光沢のある黒色の菌体が形成されます。病気にかかった松は急に枯死することはないが年々落葉をくり返し樹勢が衰えてきます。菌体は枯れた葉の中で越冬し、7月頃に胞子がとび出し伝搬します。
松枯れ病
▲マツ
 6月〜9月マツノマダラカミキリによって搬ばれたマツノザイセンチュウが原因で松が枯死する病気です。北海道を除く日本全土で大問題になっています。「松枯れの機構」は主として前年枯死した松の被害材から5〜6月に羽化し脱出したマツノマダラカミキリの成虫体内には多数のマツノザイセンチュウが生存しています。
そのカミキリムシの成虫が飛び回り健全な松の新梢を食害する時、成虫の体内にいたセンチュウがその食害した傷口から松に侵入し、増殖を始めます。松の樹脂細胞を通り、幹に達し急激に増殖します。マツノザイセンチュウの影響を受けた松は通導組織が破壊され、水分不足を生じて、枯死します。防除法にはマツノマダラカミキリを防除する方法と、マツノザイセンチュウを防除する方法があり、環境に安全で、薬剤飛散のない樹幹注入剤(マツノザイセンチュウ予防剤)が防除の主流になって来ました。
黒星病
▲バラ
黒星病は葉に発生し、初めは淡褐色や紫黒色のしみ状の斑点が現れます。病班は円型ですがやがて放射状に拡大します。病斑のまわりは黄色くなり、古い病斑は小粒黒点がつくられ、落葉しますので早期防除が大切です。バラの大病害です。
根頭がん腫病
▲バラ
バラの他、藤、梨、くりなど多くの作物に発生します。根の茎の地際部に発生し、初めは被害部がわずかに盛上がり、急速にふくらんで大きな「コブ」となります。「コブ」はその木が枯れない限り、生長を続け毎年古くなった「コブ」を破って新しい「コブ」が盛上がります。病原菌は細菌の一種で傷口から侵入します。